腎臓病の宅配食が安いおすすめランキング

食事療法は薬を飲まないため、お金もかからず軽視されますが、最も効果があり、他の治療法の効果もサポートし、基本になる重要かつ簡単な治療法です
ページの先頭へ
トップページ > 腎臓病の高齢者の食事療法のポイント

腎臓病の高齢者の食事療法のポイント

ソラマメの形状に類似した我々の腎臓は左右に一個ずつ、腰の辺りに存在します。

腎臓は糸球体という小さな血管があまた密集している場所でもあります。

腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる不要なもの、いわゆる血中の老廃物や毒素を尿の中に排出します。

その他にも、体内にふくまれる電解質の濃度を一定に保ったり、赤血球を作るホルモンや血圧調整、骨組織に必要なホルモンを作り出すなどの必要不可欠なはたらきをしています。

もっとも適切なタンパク摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。60kg前後を標準体重とすると、おおかた必要なタンパク摂取量は、一日50gです。

たとえば、食品にふくまれるタンパクの量をしりたいときは食品標準成分表で探してみて参考にするとよいでしょう。

タンパク量に関するご飯療法については、栄養士の指導で自分なりのアイデアを取り入れることも可能です。

開業医さんでご飯指導が難しい場合は、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介してもらい、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。腎機能に病的なサインが顕れた場合は、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。しかし、近年では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、未然に腎機能低下を防いだり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。もし、末期の腎不全になっ立としても、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものにはますます治療法も増加しており、患者自身の現状に照らし合わせた治療を受けることができます。腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、感染などで起こる後天的なものまで多種ありますが、早期発見のためにも習慣的に健康診断を受け、日常的に規則正しい生活をつづけることにより心身ともに活力溢れた毎日を過ごすことができます。

ところが、腎臓病の中にはすごく進行するまで日常に支障をきたさないものもあるため、常日頃の健康管理が大切です。

場合によっては尿に病気のサインが出るので、医師の診断を仰ぎ自己判断を避けましょう。

腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。尿を作る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、電解質のバランスを整えたり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を作るはたらきをしたり、私立ちの体のために重要な役割を担っています。

腎臓病治療は当然病院で薬を飲んだり注射をしたりすることが大切ですが、普段から、規則正しいご飯や生活を送ることが必須です。CKD(慢性腎臓病)治療の柱は薬物治療とご飯療法になり、これらの積極的な管理がCKD(慢性腎臓病)の進行を抑制します。

減塩とタンパク制限がご飯療法の要となり、その内減塩食は高血圧治療の手間を省き、タンパク制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。

CKD(慢性腎臓病)ステージ3であれば減塩6g/日・タンパク制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、日本人が平均的に摂る塩分・タンパクの量と比較するとだいたい半分になるために、タンパク制限食は美味しくない、その他にもカロリーが不足するなどで、ナカナカ実践に踏み切れない方も多く存在します。

日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、具体的な献立の工夫や、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。たとえば低たんぱくご飯療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。

現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明確にします。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。

1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量を見ることで、たんぱく質や食塩の摂取量を掌握します。

慢性腎臓病については、腎機能が明瞭に改善することは少ないので、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、加工していない生の野菜や果物よりも大概はカリウム含有量が非常に高いです。そういうわけも含めて、もし腎機能が健康でない患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合には高カリウム血症に罹患するリスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)が高まります。

腎臓機能が低下し腎臓病が悪化してくると腎不全といわれる状態になります。

その腎不全には、急性に属する急性腎不全と、逆に長期にかけてじわじわと肝臓を悪くする慢性腎不全があります。

急性腎不全では、適切な治療を行って病状悪化の元を探り除去することにより、腎機能改善が期待できます。

反対に、慢性腎不全については腎不全の進行状況によって腎機能が遅々として失われ、機能改善は期待できません。食塩制限は腎臓の負担を軽くします。一日に6g未満が、食塩摂取量としては適切とされています。一般で目にする加工品や塩分多めの食品よりも、なるべく生の食品を選びましょう。

毎日の料理には、天然のだしを使ってみましょう。

料理次第で、薄味でもたいへんおいしく食べることができます。

肉類・魚類・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多くふくまれます。これらのたんぱく質を含んだ食品以外でも、たんぱく質制限が必要な方用に市販でも購入できる「低たんぱく質食品」があります。まずは具体的な使い方について、管理栄養士に相談してください。

Copyright (c) 2014 腎臓病の宅配食が安いおすすめランキング All rights reserved.