腎臓病の宅配食が安いおすすめランキング

食事療法は薬を飲まないため、お金もかからず軽視されますが、最も効果があり、他の治療法の効果もサポートし、基本になる重要かつ簡単な治療法です
ページの先頭へ
トップページ > たんぱく質やカリウムなどはステージによって制限が必要

たんぱく質やカリウムなどはステージによって制限が必要

現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。

仮に標準体重を約60kgとすれば、おおよそのタンパク摂取量は一日50g程度になります。

食品におけるタンパク含有量を知りたければ食品標準成分表で確認できます。

タンパク量についてのご飯療法については、栄養士の指導でさまざまな工夫についてしることができます。開業医さんの中にはご飯指導が難しい場合もあるので、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介して貰い、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。

一度失われてしまった腎機能は、健康体へもどることが難しく悪化すれば慢性腎不全になります。ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療を早めることで、腎機能低下の抑制に努めたり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。

末期の腎不全であっても改善の望みをすっかりあきらめる必要はなく、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものにはそれぞれに応じた治療法も加わり、患者自身の現状に照らし合わせた治療をうけることができます。腎臓病の種類には遺伝因子からくる腎炎から、またはDNAが原因ではない外的要因のものまで多岐にわたりますが、会社や個人などで定期的に健康診断を受診し、治療と症状を悪化させない生活を心がけることで健康な人と同じように生活することが可能です。ところが、腎臓病の中にはかなり進行するまで日常に支障をきたさないものもありますから、予防が中々難しいのも現実です。

例えば、いつ持とはちがう尿が出た場合は、まずは医療機関での受診を優先しましょう。CKD(慢性腎臓病)治療の柱は薬物治療とご飯療法になり、それらのしっかりした管理がCKD(慢性腎臓病)の進行を抑えます。

ご飯療法に関しては減塩とタンパク制限が軸となり、減塩食は高血圧において治療をしやすくし、タンパク制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。

CKD(慢性腎臓病)ステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・タンパク制限 0.6g/kg×体重/日ですが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・タンパクの約半分にあたり、大抵はタンパク制限食を美味しく感じない、カロリーが取れないなどで、実施困難な方を多く見うけます。近年、腎臓のはたらきが悪くなる方が増加し問題となっています。

尿を創る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、電解質のバランスを整えたり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、私たちの体のために重要な役割を担っています。

言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し相応しい治療をうけることも先決ですが、毎日のご飯や生活習慣を改めることの方が大切です。

ソラマメの形状に類似した我々の腎臓は腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。

腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管が数多く存在している場所でもあるのです。

腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる血液中の老廃物や毒素を尿中に排泄します。

その他、体内にふくまれる電解質の濃度を一定に保つ、あるいは、赤血球を作るホルモンや血圧の調整、骨の組織に関係するホルモンを形成するなどの我々の体にとって大切なはたらきをしているためす。多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、カリウム摂取を減らす必要があります。

野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、加工していない生の野菜や果物よりもふくまれているカリウムが、ミスなく多量です。

仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合には高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。

食塩の制限は、腎臓の負担を軽減することに繋がります。

適切な食塩摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。加工品や塩蔵品をさけて、できるだけ生の食品を摂りましょう。

毎日の料理には、天然のだしを使ってみましょう。

天然の味をおいしく食べることができます。

肉類・魚類・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多くふくまれます。たんぱく質を含んだこれらの食品の他に、たんぱく質制限が必要な方に向けた市販やネット通販の「低タンパク質食品」も選択できます。具体的な使い方については、管理栄養士に相談してちょうだい。日々のご飯ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、具体的な献立の工夫や、あるいは食塩の抑え方などを指導します。

例えば低たんぱくご飯療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、それに必要な紹介や説明もしていきます。

それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。

日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解することができます。腎臓機能が低下し腎臓病が悪化してくると腎不全へと推移します。

その内、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全と、逆に長期にかけてじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。急性腎不全の場合なら、病状に相応しい治療と腎機能の悪化に伴う要因を払拭できれば、腎機能の改善が見込めます。

後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行と伴に腎機能が遅々として失われ、機能改善は期待できません。

Copyright (c) 2014 腎臓病の宅配食が安いおすすめランキング All rights reserved.