腎臓病の宅配食が安いおすすめランキング

食事療法は薬を飲まないため、お金もかからず軽視されますが、最も効果があり、他の治療法の効果もサポートし、基本になる重要かつ簡単な治療法です
ページの先頭へ
トップページ > 腎臓が健康でない方が最近増えています

腎臓が健康でない方が最近増えています

腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。尿をつくる臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、その他、電解質の安定を保ったり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、これらの機能は我々の体にとってとても大事です。当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて相応の対処も必要ですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大切です。 毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、また献立の工夫や、さらに食塩の軽減対策などを指導します。主要な低たんぱく食事療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかを知ることが可能です。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質については性質上分解されると7〜8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に腎臓に負荷が及びます。そのため、たんぱく質の制限が必要となります。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分に変換した場合30〜40gとなります。薬物療法と食事療法がCKD治療の要となり、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。食事療法は減塩・蛋白制限が主となり、高血圧治療を容易にするには減塩食がふさわしく、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、カロリーが取れないなどで、実施困難な方を多く見受けます。食事をして摂り入れたたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓に流れて分離された末、無駄な老廃物は尿を出す際に一緒に排出されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に与える負荷が増してしまいます。腎機能を保つためにも、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、適切な量は摂取する必要があります。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を含んだ食事を作る場合、細かく切り分けて水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、個々の食品や調理を行う際の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、搾るようにすると、より多く除去できます。もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。60kg前後を標準体重とすると、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。食品のたんぱく質含有量についても食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思います。これらの食事療法については、栄養士からの食事指導で自分なりのアイデアを取り入れることも可能です。開業医さんの中には食事指導が難しい場合もあるので、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、生の野菜や生の果物と違って大概はカリウム含有量が非常に高いです。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、高カリウム血症を発症する危険が高まります。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。甘いものには意外にたんぱく質が多く入っているのです。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個分と同程度のたんぱく質が入っています。腎臓病における食事療法の意味合いは、腎臓病の進行を遅らせることと、健康状態の維持になります。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法を元に腎不全が進行しないようにできますし、透析導入を遅らせることができます。実際に透析が必要となってからも、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、食事療法は重要視されます。

Copyright (c) 2014 腎臓病の宅配食が安いおすすめランキング All rights reserved.